企業が成長していく為に|海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

企業が成長していく為に

パソコン操作

経営の中核

企業が成長していく為には、いかにして業績を伸ばしていくか、ということに目を向けるのは当然のことですが、会社の経営資源の管理もまた大事です。一般的に、会社は「ヒト・カネ・モノ」で成り立っていると言われています。そのなかでも「ヒト」にあたる従業員の管理、すなわち労務管理は大変重要です。経営者の中には経理部門にしか目を向けない人がいますが、会社は従業員で成り立っている、と考えれば、労務管理がいかに大切かが分かります。会社の労務管理は従業員の採用から始まり、雇用継続過程における教育訓練及び人事考課、定年後の再雇用の管理など多岐に及びます。最近では正社員以外にも様々な雇用形態があり、そのうえ外国人雇用も増えてきている為、各企業とも労務管理に力を入れるようになりつつあります。

専門家への依頼

企業において、労務管理は人事総務部門で行われていますが、自社のスタッフだけでは何か問題が生じた場合に行き詰ることがあります。そういったこともあり、最近では社会保険労務士や人事労務コンサルタント等、外部の専門家に労務管理のサポートを受ける企業が増えてきております。サポートを受ける内容として、大きくは労働トラブル防止と従業員の能力向上があります。労働トラブル防止については、労働契約内容に食い違いが生まれぬような契約書の書き方であったり、従業員との紛争が起こる前に解決する方法などを専門家がコンサルティングします。また、従業員の能力向上については、人事考課のやり方や本人へのフィードバックの仕方などをコンサルティングしていきます。このように企業が労務管理を強化していく上で、専門家のサポートは欠かせないものとなっております。