会社の中核を担う人材|海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

会社の中核を担う人材

笑顔の男性

プレイヤーからの変革

最近では社内研修に力を入れている会社が多くなっています。特に初期段階の管理職に求める研修が強くなっている傾向があります。企業の中核を担うポジションであるとともに、プレーヤーとマネージャーの境目でもあるため意識や認識を変革させる必要があるためです。管理職とは名前ばかりで実態は、プレーヤーであれば、企業のマネジメントを司る人材がいなくなります。そのため初期段階でしっかりと管理職であることを意識づける必要があるのです。個々のスキルアップというよりもマネジメント能力を植え付ける目的が一番となっています。管理職研修ではマネジメント力向上や部下指導力が問われます。今まで実践したことのない分野になりますのでどのように対応するのかを学ぶのです。

学ぶ要素が多い

管理職研修でもう一つ大事なポイントが、業務改善です。ビジネスの変革スピードが速くなっている昨今においては小さな改善を常に続ける必要性が求められています。大きな変革は労力を使いますが、小さな変革はすぐにでも起こすことができます。どうしても変革は大きな視野でとらえがちなのですが、小さな変革の積み重ねが最も重要であることを管理職研修では学びます。もちろん変革するのは自身を含め部下なのですが、これをマネジメントするためには、変革意識を持ち続けることが大事なのです。管理職研修ではほかにもリスクマネジメントや、部下の育成などについても学びます。構成される要素が多いため、カリキュラムは長めになることも多いのですが、人気があるのです。