外部講師で実施|海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

外部講師で実施

ミーティング

型ではなく意味を理解

最近ではビジネスマナー研修の実施が人気になっています。ビジネスマナーはなかなか研修では教えてもらうことができず、真似をしたり、人に聞いたりして覚えるものでした。しかし我流になるケースも少なくなく、企業としての人材育成の一環の強化としてビジネスマナーを研修として扱うことが見直されているのです。ビジネスは異業種への進出や海外への進出などコミュニケーションを図る機会が格段に増加しています。信頼できる企業の第一歩は正しいビジネスマナーを習得できているかどうかなのです。仕事が早く正確にできる、ミスがないなどの以前に企業人としてビジネスの基本を身につけていなければ信頼されることにはならないのです。電話対応や名刺交換方法などによって印象は決まってしまいます。

基本動作の手法を学ぶ

ビジネスマナーの研修では、覚えるというよりは、意味と考え方を理解することに特化します。どうしても日本人は研修を受講するとそれをすべて覚えることに注力しがちなのですが、ビジネスマナーに関しては、意味を理解したうえで実践することが大事になります。コミュニケーションに始まりと終わりはありません。したがって型を理解しても実現場では通用しないのです。意味を捉えることによって相手に不快な思いをさせないことを表現させることができるようになり、応用が展開できるようになるのです。また教科書には掲載していない現場でのマナーを身に着けることも大事です。求められるのは美しさやスマートさではなく、基本動作の順番や手法なのです。