海外で活躍できる人間を育てる|グローバル人材育成を行おう

外部講師で実施

ミーティング

ビジネスマナーの研修を開催する会社が多くなっています。内部講師ではなく外部講師を立てて実施している会社も多数あります。研修では型を教えるのではなく、意味を理解してもらうことに注力します。これにより応用ができるようになるのです。

もっと見る

会社の中核を担う人材

笑顔の男性

会社の社内研修に力を入れている企業が多くなっています。特に初期管理者といわれるプレイヤーからマネージャーに変革する人に対しての研修が盛んに行われています。管理職研修では、マネジメントや育成など様々なことを学びます。

もっと見る

必要な項目は他にもある

会議

環境を理解することから

日本は島国であることから、今までも外国との交流はあまり盛んではありませんでした。どちらかといえば、守ることを先行して行ってきた国でもあります。しかし国際化の流れに逆らえず、日本も海外進出を積極的に行わなければならない時代にあります。グローバル人材育成として語学力やコミュニケーション能力などを学ぶ研修も多数開催されてきました。今でもグローバル人材育成とは他国の言葉を話すことができる力と、コミュニケーションを円滑にでいる能力であると考え実施している傾向があります。しかし本来の意味でもグローバル人材育成は、これだけでは不十分なのです。必要なのは、適応能力と理解力なのです。日本と外国では風土も環境も全く異なるからです。

理解力が求められる

グローバル人材育成を行う事によって諸外国とのコミュニケーションを実施し、それを活かして海外でビジネスを展開させることが目的です。貿易であれば、海外との契約を実施することになります。しかし環境が全く異なる場所に日本のやり方が通用するとは限りません。そのため他国を理解する事から始まります。考え方などをまず理解したうえで、それを尊重しつつビジネスをどのように展開させるのが双方にとって有益なのか適用能力を活かし考える力なのです。どうしても双方に利益をもたらすことが難しいのであれば、そのビジネスを進める意味がありません。その判断力も必要になります。新天地でのビジネスはすべてが新しい物事の把握が必要になるのです。

企業が成長していく為に

パソコン操作

企業が成長していくには、業績向上はもちろんのこと、会社の経営資源の管理も同じくらい重要です。中でも従業員の管理、即ち労務管理が特に重要で、最近では多くの企業が外部の専門家から労務管理のコンサルティングを受けています。

もっと見る